2017年5月1日

それはわたしにとっては35年間務めた会社を辞めて自分の会社を作った記念の日です。

少しずつですが57歳にして起業の道を選んだことを書き留めていこうと思います。

 

会社を辞めようとは、22歳で会社に入った時からいつも思っていました。

 

怒られたり、うまく仕事が出来なかったりした時は、

「辞めてやる!こんな会社!」としょっちゅう思っていました。

しかし、それは楽しいことがあったり、仕事がうまく行ったりすると

ケロッと忘れてしまうものでした。

きっと多くのサラリーマンの方も同じではないでしょうか。

 

そして人生の大半を会社という時間を通して過ごしていきます。

60歳となると定年を迎えて、今の時代は再雇用の道に進まれます。

わたしも今となっては行くことが出来ない、その道を考える時があります。

 

 

起業しての一年はあっという間でした。

加齢してから感じる時間の短さに加え、

毎日毎日サラリーマンのときには経験することのない出来事に出会いました。

 

振り返ると、楽しい日々でした。

辛いけど面白い!

これが起業して一年での感想です。

 

では少しずつ書き留めていこうと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。