今日3月9日は新月。私には3番めの新月だと。

 

いつも素晴らしい言葉を送ってくださる船木先生のFacebook。

今朝も、正に新たな気持にさせてくれる言葉を送って頂きました。

 

そして今日の言葉から

 

私は今日、今その時をしっかり生きていこう

 

とあらためて思いました。

ありがとうございました。

 

下記に引用させていただきます。

———————————

人生の進み具合というものは、

なんと奇妙なものだろう!

小さな子どもは

『もっと大きくなったら』と口にする。

だが、どうしたことだ。

大きくなった子どもは、

『大人になったら』と言うではないか。

そして、大人になると、

『結婚したら』と言う。

けれども、結婚したらいったいどうなるか?

考えがコロリと変わって、

『退職したら』とくる。

やがて退職が現実のものとなると、

自分の過ぎし日の光景を思い浮かべる。

そこには木枯らしが吹きすさんでいるようだ。

どういうわけか、すべてを取り逃がしてしまった。

もはや過ぎ去ってしまったのだ。

そして遅ればせながら、われわれは学ぶ。

人生とは、生きることの中、

毎日毎時間の連続のなかにあるのだということを。

スティーブン・リーコック

(1869-1944, カナダの作家・経済学者)

———————————

まさに、いま、

大人になって、

大人になってからも、

「明日にしよう」

「いまじゃなくても、いい」

「疲れているから、今度」

の繰り返し。

でも、居眠りしようが、

言い訳したり、他人のせいにしたり、

どう、ごまかそうとも、

「いま」この瞬間が、

「人生」を確かに作っているのだと、

子どもと話をしながら、

「ハッ」としました。

「われわれにとって大切なことは、

遠くにぼんやりと存在するものに

目をやることではなく、

手近にはっきりと存在することを

実行することだ」

トマス・カーライル

(1795-1881, 英国, 評論家・思想家・歴史家)

———————————