わたしは今年のキーワードを「チームワーク」「調和」「まとめる」としました。

一言で言い表すとファシリテーターですね。

そして今後の自分のやりたいことを固めるためにもファシリテーションを身につけることが

大切で、今年はこのキーワードにそった学びをしていきたいと思っています。

 

そこで、

2016年1月9日 仙台で日本ファシリテーション協会 東北スクエア1月例会に参加させて

いただきました。

「どんな修羅場も乗り切る6つの流儀」と題したFJA理事の荒金雅子様による

Standing in the fireに書かれている内容を約5時間のワークを含めた講座でした。

IMG_9569

 

ファシリテーションの運営ノウハウではなくファシリテーターが色々発生する出来事に

如何に対応していくことかについて知る内容でした。

詳しい内容は「プロフェッショナル・ファシリテーター」という本を参考に。

早速わたしもamazonに注文しました。

いくつものワークがあり、あっという間の5時間でした。

その中の一つに自分の役割を明確に意識するためのセッションのワークが印象的でした。

わたし自身が計9回の質問に答えて出てきたわたしが世界のために貢献したいことは、

「笑顔でいれる場をつくる」でした。

いつもわたしがそんなことを考えているのかは甚だ疑問ですが、フッと湧きだしたことば

自分自身がびっくりしました。

 

新年第一発目の講座はわたしにとって大変有意義なものでした。

講師の荒金雅子様さん、参加者の皆さん、事務局の皆様にも感謝いたします。

ありがとうございました。