11月28日 coba koriyamaで開かれた「co-ba de 大文化祭」

参加してきました。

さすがに秋ではないだろうという気候でしたが、

会場では参加者の楽しむ熱気に包まれた居心地の良い空間でした。

多くの出店者の皆様、寒い中、足を運んでくださった多くの皆様と

笑顔にあふれた時間を過ごすことができました

 

何かに憧れ、何かに嫉妬し、何をしていいのかもわからなくなる時

わたしにはありました。

いつまで何を考えているんだと自分を責めてみたり。

 

でも、今年の「文化の秋シリーズ」で気づいたキーワード

 

誰かに憧れたり嫉妬していだけではなく、

会いに行く。

聞きに行く。

人の中に入る。

本を読む。

 

そうすると

自分。

家族。

仲間。

地域。

ふくしま。

が、こんなに「良いんだぁ〜」

と思えてきました。

 

季節も寒くなってきますが、やっぱり「行動」すること。

これが大切ですね。

 

行動といえば、

広島の旅人までもフラッと立ち寄ってくれましたIMG_9192

旅人コバケンもわたしの話をウンウンと聞いてくれました。

そして、この空間にキーワードを残してまた旅に行ってしまいした。

この空間は

「信頼された」

「公民館」

これからの少子化高齢化社会におけるキワードと思います。

 

昨日は子供から大人、男性、女性、主婦、会社員、実業家、起業家、

自治体職員、そして市長まで立ち寄ってくれる自由な空間

これこそ正に共助のスタートではないでしょうか。

 

いろんなことを気づかせてくれた一日でした。