今回の懐かしグッツは、WILLCOMPHS

SHARP製のW-ZERO3です。IMG_5644

2007年頃の製品です。

キーボード付きExcelやWordが使える

ここまでは前回のLibrettoやCASIOPEAと同じで小さくなっただけ。

でも、これはPHSとして普段使いができるものでした。

日本の技術はこの小型化の方向に爆進していっていた時代ですね。

キャッチフレーズの「探していた何かがそこにある」がまさしくそうです。

IMG_5646何かはあったのです。

やっぱり日本のものづくりはすごいと今でも思える逸品です。

でも、何かはなかったのです。

画面、キーボード、Office、通信・・・・、それらをひとまとめにする技術。

 

この頃から時代は一気にパームトップにシフトしていったと思います。

これも捨てることができずにわたしの秘密基地にしまっておきます。